神奈川の注文住宅の価格帯を知る

神奈川の注文住宅の価格帯は、坪当たり、40万円から80万円と幅があります。低価格住宅の中には、坪当たり、40万円を切るもののあり、価格による品質の差を知ることは重要です。日本で住宅を建てる場合、建築基準法の規定が適用になります。どんなに価格の低い住宅でも、建築基準法の最低限度の規制はクリアしていることになります。坪当たり、40万円の住宅でも、最低限の耐震性は満たしていることになります。住宅の価格帯を知る場合は、工務店が提供する住宅が一つの基準となります。工務店が提供する住宅は性能面からも全体の標準と考えられます。工務店の提供する住宅は木造在来工法で、坪単価は60万円台です。一方、鉄骨造や鉄筋コンクリート造は、坪単価、80万円台と高額になります。

低価格住宅と高級住宅の決定的な違い

神奈川県の注文住宅は、大手ハウスメーカーを中心として、高級志向の住宅が販売されています。大手ハウスメーカーはいくつかのグレードを用意し、あらゆる階層の要望に応えようとしていますが、このところは最高級のグレードに人気が集まっています。太陽光発電により、消費エネルギーを賄うシステムを導入した住宅は、人気が高まっています。耐震性の高い住宅を求めうる要望は強く、新たな工法が続々と開発され、市場に投入されています。本来は低価格が売りの2×4工法の住宅も、耐震性を高めたグレードの高い住宅を販売しています。高級化の裏には、省エネ規制の強化など、特定の政策への対応が影響している部分もあります。将来義務化が予想される省エネ基準では、現行の基準を上回る断熱性能が要求されます。現在でもすでに、新たな省エネ基準をクリアした住宅が販売されています。

平均的な相場で住宅を供給する地元工務店

神奈川で注文住宅を建てる場合、依頼先として人気が高いのが工務店です。日本の伝統技術を継承する大工への信頼は高く、大工が中心となって住宅をつくる工務店の魅力は衰えません。工務店が用いる工法は、木造軸組み工法です。柱と梁や桁で構造体をつくる、昔ながらの工法を用いています。床の剛性を高めることで耐震性を高めることは、工務店の間では標準となっています。工務店は自前の大工や、信頼する職人を使っての直接施工なので、大手のような中間費用がかかりません。そのため、高級な材料を用いても、比較的低価格で施工が可能です。工務店がつくる住宅は、長持ちするのが特徴です。木造軸組み工法は開放的で、湿気に強く腐り難い構造です。増改築が容易で、将来の家族構成の変化にも対応できます。地元に密着しているので、メンテナンスの体制も万全です。

ハウスメーカーと比べて安い値段で提供する工務店です。対応エリアがたくさん揃っているので、実際に建てたいエリアから考えてみよう! コンセプトを元に施工した見どころあるドリームハウスの紹介しています! 自分好みの住宅ができる可能性を広げるため、どんなに小さな要望も相談しましょう。 受付時間は午前9時~午後18時にまでとなっております。 神奈川県にある本社だけでなく、横浜にも事務所を構えています。 神奈川の注文住宅は「ビルドアート」におまかせ!