アベノミクス効果で神奈川での注文住宅の売値が上がっています

神奈川の注文住宅の価格は高めで、中古でも2000万円以上で売却できることがあります。築年数が浅い家だったら、3000万円近くで売れる場合もあります。このタイプの家を建てる時は、それが自分の資産になることを考慮に入れなければなりません。言い換えれば、自分の財産になるので、その価値を高める必要があります。一般に有名なハウスメーカーの家は、資産価値が高くなります。他の商品と同じで、家のブランドにこだわる人が多く、高いお金を出して買おうとします。ハウスメーカーの家は研究開発を積み重ねて作られるので、住み心地も良いと言われています。それから、利便性の高い家だったら、資産価値は上がります。駅の近くや、有名なショッピングモールの近くだったら、資産価値は上がります。

なぜ神奈川の家は高い価格で売れるのか

神奈川で注文住宅を購入する場合で、土地が決まっていない場合は、土地に関する注意事項を確認することが必要です。住宅といっしょに土地を購入する場合は、土地を優先的に選ぶ必要があります。建物の欠点は土地によってカバーできることがありますが。土地の欠点を建物でカバーすることはできません。土地選びの基本は、立地の良さと、災害に遭いにくいことを重視する姿勢です。最寄り駅からの近さや、買い物が便利なことなどの立地条件は不動産にとって絶対的なものです。災害に遭いにくい土地とは、洪水に遭いにくいことと、ほぼ、一致します。洪水に遭いやすい土地は一般に地盤が悪く、地震にも弱いことが知られています。洪水に遭いやすい土地を避けることで、災害の多くを避けることができます。新興住宅地では、切土と盛土の境となっている土地を避けることが大切です。切土と盛土の境となっている土地は、地震の被害が大きくなりがちです。

将来のことを考えて家づくりをする

神奈川で注文住宅を建てる時は、将来のことまで考慮に入れましょう。まず生活がしやすいエリアに建てることが大切になります。土地代が高くなる可能性がありますが、高いお金を支払う価値はあります。このタイプの家の場合、家の価値は少しずつ下がっていきます。しかし、土地代が下がることはありません。かなり上昇することもあります。例えば、再開発によって上がることがあります。自分の購入する土地のことはネットを使って詳しく調べて、それから家を建てましょう。建てた家は、ご自分だけではなく、子供さんも住むかもしれません。それを考えると、耐震性なども考えなければなりません。それからできるだけ天然の素材を使って、アレルギーが起きないようにする必要があります。やや面倒ですが、このような配慮が家の価値を高めます。